新入社員教育の目的

ビジネスマナーを身に着けさせる

新卒での新入社員は、つい先日までは学生でした。新入社員教育の目的の1つは、社会で働いたことがない彼らにビジネスマナーを身に着けさせることです。社会で働いていくなかでビジネスマナーが備わっていなければ、取引先などを訪れたときに恥をかいてしまいます。それは本人たちのためになりませんし、会社の評判も悪くなります。
ビジネスマナーは社員研修で教えられます。名刺交換、取引先を訪れたときの対応、お客さんがやってきたときの対応など、必要最低限のことは教育しておくのが基本です。社員研修は、社内ではなく外部に委託して行っている会社もあります。ビジネスマナーに関しては普遍的なものなので、どの会社に就職しても教える内容はほとんど変わらないため、外部に委託するという選択肢があるのです。

会社での仕事のやり方を覚えさせる

ビジネスマナーの教育に加えて、会社での仕事の進め方を教えるのも重要です。明文化されていなくても、会社には仕事をする上での決まりごとがあります。例えば、運送業であれば運転時の注意点や配達ルート、外食産業であればお客さんへの対応の仕方、IT企業であれば、プログラムのソースコードの書き方など、その会社ごとの決まりがあります。
誰かが定められた仕事のやり方を無視すると、あとになって不都合が起きるなどして現場が混乱します。新入社員が自分勝手に仕事を進めるのを防ぐために、社内ルールを教える必要があるのです。ビジネスマナーと違い、会社独自のルールを教えるため社内研修になります。平均的な社内研修の期間は1ヵ月以内と言われています。その間、新入社員をきちんとした戦力にするため教育する側も真剣に教えています。

© Copyright Improve Employee Education. All Rights Reserved.