管理職教育の目的

グローバル化やIT化に対応できる人材を育成する

管理職教育の目的には様々なものがありますが、ビジネスにおいて価値のある人材を育成するために、グローバル化やIT化に対応できるよう教育を行っている企業が増加しています。特に、事業規模の大きい企業においては、外国語や情報処理に関するスキルを効率よく学べるよう、研修プログラムを作成したり、グループワークやeラーニングなど色々な方法を導入したりするところが多くあります。また、教育コストに余裕のある企業の中には、外部の講師に依頼をして、管理職を目指す社員の年齢や職種、実務経験などに適した研修を実施しているところも少なくなく、様々な立場のビジネスマンにとって意欲的に研修に取り組みやすい状況となっています。

部下の適切な指導方法をレクチャーする

管理職教育の計画を立てるにあたり、対象者に対して部下の適切な指導方法をレクチャーできるよう、人材育成に関する専門的な知識を得たり、キャリアコンサルタントなどの助言を参考にしたりすることが重要です。特に、部下のコーチングやメンタルケアなどのテーマについては、自社内だけで十分な対応ができないこともあるため、場合によっては実績のある研修会社にサポートを任せるのも良いでしょう。また、日ごろから各部署の管理職などに聞き取りをして、一人ひとりの性格に応じて教育を行うことによって、効率良く部下の指導方法を身に付けさせることが可能です。その他、ライバル企業の管理職教育の取り組みに目を通しておくことも大事です。

© Copyright Improve Employee Education. All Rights Reserved.