効果的な管理職教育のあり方

論理的思考力とコミュニケーション力

会社として過去の経験やデータでは、判断できない課題に直面することがあります。管理職の役目は課題をいち早く捉え、解決策につながる対応を迅速に行うことです。そのためには上位職による指導強化が肝心で、会社による支援体制を整える必要があります。管理職の指導力を強化するには、自身が論理的思考力を高め、直面する課題を的確に分析する必要があります。課題が明確でないと、全体としての到達点が分からないからです。そして、課題をチームに明確に伝えるコミュニケーション力も必要になります。論理的思考力やコミュニケーション力に関しては、専門機関や専門家による研修が有効です。社内においても専門部署を置いて、定期的に研修を実施することが推奨されます。

ハラスメント等への対応

社会問題化しているハラスメントやメンタルヘルス、度重なる労働関係法改正についても適切な対処が不可欠です。これらは管理職が自分で判断するのが難しく、対応を誤ると会社全体が社会的責任を負いかねません。ハラスメント等の課題では、管理職が助言やアドバイスを受けられる専門部署等を設置することが求められます。加えて、専門家を招いて研修会を開催したり、社内での定期的な勉強会など会社としてのサポート体制が肝心です。その一方、同期が管理職になった場合でも、成長のスピードに差が出るものです。それは、管理職自身の能力や自助努力によるものです。その差をカバーするのも会社の役割であり、自己啓発セミナーや研修メニューの提示等が欠かせません。

新人研修は、入社した新入社員がうける会社組織における業務遂行上で必要となる知識、技術、ビジネスマナーなどを習得させるために行われる社員研修のひとつです。

© Copyright Improve Employee Education. All Rights Reserved.