人材を採用したくても、人手不足で思ったような求人がないとお困りの方の会社が多いと思います。そこで、社員教育を充実させて、今いる人材の能力やレベルを上げる方向に目を向けてみてはいかがでしょうか。会社自ら育てた社員は、数年後には欠かせない人材になるかもしれません。

新入社員の教育をする場合

大学などを卒業したばかりの新入社員は、アルバイトなどである程度の社会経験はあるかもしれませんが、まだまだ知識も経験も不足しています。まずは社会人として必要な素養を身に付けることを目指して、社員教育をするべきです。

新入社員教育の目的

新卒での新入社員は、つい先日までは学生でした。新入社員教育の目的の1つは、社会で働いたことがない彼らにビジネスマナーを身に着けさせることです。社会で働いていくなかでビジネスマナーが備わっていなけれ…

もっと見る

効果的な新入社員教育のポイント

新入社員は社会に出るのが初めての人ばかりなので、まずは社会人としての心構えや常識について教育します。あまりにも当然すぎる内容ばかりかもしれませんが、意外に社会常識を理解していない若者が多いのが現実…

もっと見る

新入社員教育でしてはいけないこと

その会社によって新入社員にどのように仕事を教えていくのかは違いますが、良くない教え方なのが一度に教えようとする方法です。その人によって覚えるスピードは違い、一度でいろんなことを教えて身につけてくれ…

もっと見る

社員教育なら外部から講師を派遣すると良い

会社内で若手社員、幹部候補などを育てる意味で社員教育を実施するなら外部から講師を呼んだ方が多角的に教育を受けることができて新鮮です。

管理職となるための社員教育

管理職教育の目的

もっと見る

効果的な管理職教育のあり方

もっと見る

管理職教育でしてはいけないこと

もっと見る

© Copyright Improve Employee Education. All Rights Reserved.